正しい矯正治療を行う

ブリッジの場合は、矯正治療を行うにあたって、ほとんどの場合、歯を個々に切り離すことになりますので、矯正治療終了後につくり直す必要が生じます。矯正後、時間がたつと歯並びが元に戻ってしまうことはないのか。あと戻りには三つのパターンがあります

矯正治療では、いわゆるあと戻りがよく問題になります。あと戻りとひと口にいっても、言葉の意味は暖昧で、大別すると三通りのパターンがあります。そのひとつは、歯科医師側に問題がある場合です。歯科医師が矯正の正しい教育を受けていないため、患者の成長、発育を予測する能力に欠けていて、かみ合わせや歯並びが悪い原因を読みとる能力がないためにあと戻りが起こるパターンです。歯科医師全員が矯正の勉強をしているというわけではないのです。こういったことは、じつによく聞きますので、正しい矯正治療を行う専門の医師を選ぶことは、非常に大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *