飲み会と肌荒れ

「飲み会の翌日は肌の調子が悪い」 という会話をよく聞きます。しかしお酒は、米や麦などの穀物を発酵させてつくられるもので、飲みすぎなければ、体や肌に悪いもの ではありません。適亘一星なら血仔促進、 リラ ックス効果などがあります。お酒の翌日の肌荒れは、お酒そのものよりも、夜更かしのための睡眠 不足や、バランスの悪い食事などが 影響していることが多いようです。 翌日の肌を荒れさせないためには、 飲みすぎないこと、おつまみや食事 メニューをかしこく選ぶことです。

楽しいお酒はストレス発散にもな ります。ただし、夜0時までには帰 宅して睡眠をとることも忘れずに

胃腸は、目覚めてすぐにと った食物 で刺激され、動きはじめるようにでき ています。朝食は毎朝欠かさずとるよ うにしましょう 。便意をがまんすると 傭必体質が悪化するので、早めにおき て、余裕をもって支度することも大切です。

水の飲みすぎには注意が必要です。水分のと りすぎはむくみの原因になるからです。 冷えたものを沢山飲むことは控え、温かいものを少しずつ飲みましょう 。

体の不調のなかでも、皮膚科医も指摘するのが肌のトラブルと深く関わ っているのが便秘です。腸内では、腸内細菌がある種のビタミンを合成していますが、便秘をすると肌に、必要なビタミンの合成 が妨げられます。悪玉菌が増えて活性酸素も発生しやすくなり、 肌荒れ や、肌老化が進んでしまいます。