肌とストレス

ストレスが原因で肌にトラブルが起こることはとても多いです。ニキビや肌荒れなどのトラブルはストレスが原因であることが多いです。免疫力低下やホルモ ンの乱れ、便秘など でニキビができやす く、治りにくくなります。肌への血流不足や不 眠、胃腸の トラ ブル など で慢性的な肌のトラブルが起こります。肌の血行不良、肌細 胞のターンオーバー の乱れのため、 角質が 厚くな り、くすみが発生します。活性酸素の影響で過酸化脂質が増え、シ ワやたるみ、シミな どの肌老化が進みます。

また、ストレスを感じると活性酸素が発生し、シワやたるみなどの肌老化も進みます。自律神経の乱れか ら、ターンオーバーも乱れてきます。 ストレスによる肌トラブルは化粧品などの他のケアでは治りません。そのため、少しでもストレスを 減らす工夫をすることが大切です。

体の調子かよければ、ストレスを受けとめる力も強 くな ります。現代は「動かなし、 食べない、 眠らない生活パターンの人がとても多いのですがよく動けば睡眠もよくとれるもの。まずは運動をすることからはじめまし ょう。             皮膚科に行くだけでなく、心身をリラックスさせることもストレス解消には有効で す。よい香りは、人間の感官をつかさどるよい香りは、人間の感官をつかさどる大脳辺縁系に直接作用し、神経の興奮を沈めます。