肌とアンチエイジング

部分的なカサつきが気になっている、肌が乾いてメイクのノリ、が悪いなどの問題があるときは、美容液を見直したうえで、目的に合致するケアを皮膚科などで聞いてプラスするのもよいでしょう。

40歳以上になり、皮脂の分泌カが減り、ツヤがなくなってきた と感じた ら、 油分を補うためのクリ ームを塗りましょう。美容液のあとにUソーン、 Tゾーンになじませるのがよいです。顔全体用のク リームのほか、目もと口もとクリームでもOK。少量を薬指にとり、目もとと口もとだけにやさしくなじませるのが良いでしょう。

マッサージで血行をよくしようと実践している人もいますが、自己流のマッサージは 、余分な刺激でシ ワを増やすこと になりがちのため気を付けましょう。自己流ではなく皮膚科医など専門家に聞いた方が無難です。

界面活性剤が少ない肌に余分な脂を残さない泡立てる手聞がかかあるため、使いすぎを防げる石鹸にくらべて、ボディソープは海面活性剤が多い、余分な油膜が残りやすいなど、量を出しすぎてしまいがちです。ボディソープの方が肌へのダメージが大きいので、気を付けましょう。お風呂上がりは、ローションやクリーム をのばしながら、手首からわきの下の方向 へ、足首からふくらはぎの方向へマッサージします。むくみ解消にもなります。カサつく部 分には、尿素配合クリームがおすすめです。なお、首からデコルテの若さのキープはマッサージやストレッチ術で若さをキープしましょう。首のツボ「天窓」を刺激し、お風呂上がりは、ローションやクリーム をのばしながら、手首からわきの下の方向 へ、足首からふくらはぎの方向へマ ッサー ジします。これはむくみ解消にもなります。カサつく部分には、尿素配合クリームがオススメです。