美肌と睡眠

スキンケアや食べ物に気をつけて いるのに肌が荒れるという場合は、 睡眠に問題がないかどうか見直しをする必要があります。睡眠は生活習慣のなかでもっとも 大切なもので、肌への影響も、食事や化粧品よりずっと大きいのです。

みなさんの体には、朝日を浴びびると脳のスイッチが入り、そのは時間後に睡眠モードに入るという生体 時計が備わ っています。 そのため、朝7時に起きる人なら、いち押しの就寝時聞は夜9時となります。皮膚科の意思による睡眠の重要性も指摘されています。

心身をリラックスさせる時間なので、パソコンなどで脳を刺激するこ とは避けましょう。お風呂上がり20-30分後にベッドに入ると寝つきがよくなります。コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカ フェインは 、脳を 刺激し、覚醒させま す。寝る 直前はもちろん、20 時以降 は避けましょう。寝る前に飲むなら、 ホットミルクやハーブティーにしましょう。

現代女性のほとんどは運動不足です。日中に体を動かしていれば、夜はすぐに眠れて、深 い種目民がとれるものです。週に2-3回はウォーキングしたり、車に頼らず歩く習慣をつけましょう。

良い睡眠のためには寝室や寝具も大切です。照明は消すかタウンライトにし、 厚手のカーテンで外の光や音を遮断し て静かな環境をつくりましょう。枕は自然なカーブのものを選びましょう。 また、よい香りには精神を安定させ る作用があります。ア口マオイルやお 香でリラックスするのもいいでしょう。