洗顔方法

洗顔料には、豊富なスタイルがあります。また、美白や保湿などの成分が加えられているものもありますが、洗顔料の目的は肌の汚れをちゃんと落とすことです。美白や保湿などは、すすげば流れてしまうので、洗顔料にこれらの成分が入っていても、あまり意昧はありません。洗顔料としておすすめなのは、シンプルな固形石けんです。洗浄力にすぐれ、肌に負担がかかりにくいうえ、余分なものも残しません。ちなみに、弱酸性が肌にやさしいというのは、あくまでもイメ ージです。洗顔料の中でも、中性の水道水で流した直後の肌は中性となっています。

洗顔方法に関しては、正しい正確な順番を覚えておきましょう。まずは皮脂が多い額から泡をのせます。鼻はくるくると泡をなじませながら鼻に伸ばします。面積の広いUゾーン はこすり すぎないようにしましょう。皮膚が薄い目もと、口元は皮膚が薄いので、泡で包むようにやさしく洗いましょう。残った皮脂は2度洗いしましょう。洗い流し後の指の感触でチェックして、皮脂や汚れが残っていたら、すすぎ残しにも注意しましょう。

化粧水は、手に取ってつけるのが基本です。コットンを使うと、繊維が刺激 にな って、 肌に小さな傷がつきます。「肌にやさしい」とうたっ た製品でも、刺激を与えてしまうパッティングも、赤ら顔やシミの原因になるのでやめましょう。きちんとしたやり方がわからない場合には皮膚科などで聞くとよいでしょう。