歯垢とは

歯垢(プラーク)という言葉を聞いたことがあっても、具体的にどのようなものか説明できる人はあまりいないでしょう。歯垢とは簡単に言うと、口内で繁殖した細菌が水に溶けにくいネバネバした物質とともに歯の表面についたもの。細菌のかたまりと言ってもいいかもしれません。

歯の表面や歯と歯の間に、白いネバネバしたものがついていたら、それが歯垢です。歯垢は歯にくっついているため、口をすすぐだけで取り除くのは難しいです。ですが、歯みがきをすれば、歯垢を取り除くのは難しいことではありません。

歯垢を放ったらかしにしておくと、唾液に含まれるカルシウムやリンと結びついて石灰化していき、歯石になってしまいます。歯石の表面は軽石のようにザラザラしているため、そこに歯垢がつきやすくなり、歯周病の原因にもつながるといえます。

ここまでくると歯ブラシは取り除くことが難しくなります。歯科医院へ行き、歯科医師や歯科衛生士による専門的な歯石除去を受けなければならないでしょう。歯石除去にはスケーラーという名の器具を用い、歯の表面や歯ぐきの内側についた歯垢や歯石を取り去ります。この歯石除去は、歯周病の初期治療としても重要だと考えられています。

歯石除去の方法にはいくつかあり、前述の「スケーリング」のほかに、キュレットと呼ばれる器具で歯肉縁下の歯石を除去し、歯垢などで汚染された病的なセメント質を除去して歯根面を滑らかにする方法があるそうです。