歯周病菌と生活習慣病

歯周病菌は口の中だけでなく、血液中に入り込んだり、のどから飲み込まれたりすることもあるため、全身の病気と関連がありのではないかと考えられていました。近年、歯周病が肥満や糖尿病、動脈硬化などのメタボリックシンドロームに関係する生活習慣病のリスクを高めることがわかってきたそうです。

メタボリックシンドローム原因とされているのが、おなかの中につく内臓脂肪です。歯周病で強い炎症になっている歯周組織に存在する物質は、内臓脂肪からも分泌されるといいます。つまり、歯周組織にあるその物質が血液中に入ると、内臓脂肪から分泌されるものに加わってメタボリックシンドロームの悪化につながると考えられているということです。

また、この物質は血糖を処理するインスリンの働きを悪くするというものでもあるようです。したがって、歯周病の人は糖尿病が悪化しやすいことが考えられます。

糖尿病の人は歯周病になりやすく、重症化しやすいことが注目されています。糖尿病は合併症が多い病気としても知られ、歯周病も糖尿病の合併症の一つと考えている歯科医もいるそうです。糖尿病の場合、身体の抵抗力が低下しやすくなり、口の中も同様に抵抗力が下がります。そのため、歯周病菌に感染しやすく、血管ももろくなっているので、歯ぐきの炎症につながりやすいといえます。

また、歯周病菌は血管内に入ると、動脈硬化が始まるともいわれています。実際、動脈硬化のある冠動脈から歯周病の細菌が見つかったというレポートもあるそうです。