妊婦と歯周病の関係

低体重児を出産した母親と、正常体重児を出産した母親の歯周病の進行度を比べてみると、低体重児を出産した母親のほうが、歯周病が進行していることが多いそうです。最近は、歯周病と低出生体重児や早産との関連が注目されています。

この原因として、歯周病で炎症が起こったときに増える物質が疑われています。この物質は早産ではない出産時にも分泌されます。子宮筋を収縮させて出産しやすくする効果があり、陣痛促進剤の成分としても知られているそうです。

しかし、この物質が歯周病で増えることによって血液中にも多くなり、胎児の成長に影響を及ぼしたり、子宮筋を収縮させて出産の時期を早めたりしてしまうのではないか見られています。

妊娠しているからといって、歯周病の治療ができないことはありません。妊娠中に非外科的な歯周病の治療を受けて早産を引き起こす原因にはならないという調査報告もあるそうです。ただし、治療をするのは安定期に入ってからのほうがよさそうです。

また、喫煙は歯周病に対しても最も大きな危険因子と考えられています。しかも、タバコをすう本数が多ければほど、歯周病にかかりやすい傾向があるらしいのです。タバコにはニコチンなどの有害物質が含まれており、この有害物質が血管を収縮させて血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、歯肉や歯に行き渡る栄養が不足していき、細菌に対する抵抗力が低下するおそれがあります。したがって歯周病の最大の原因と考えられているのです。