肌への負担とバリア機能

健康な肌は、表面にある角質層で外部の刺激という理由で守られています。これをバリア機能といいますが、角質層が薄かったり弱かったりしてバリア機能が低下した状態を、敏感肌といいます。敏感肌には、生まれつきのものと、誤ったスキンケアなどで自分自身でつくってしまうものが存在します。

とくに、肌への負担が大きいクレンジング剤を使って角質層をいためているケースが多いです。正しくないクレンジング法をしている人は、何よりも先ずクレンジングを見直すこからはじめましょう。

メイク落としには多様な種類がありますが、共通して含まれているのが 、油分と水をなじませるための、界面活性剤です。肌に悪い印象のある界面活性剤ですが、油性の汚れを落とすためには欠かせな い成分。メイク落としは、界面活性剤の量や質によ って、肌への負担がまるっきり違います。クレンジングにはさまざまなタイプがありますが、ミルクタイプは、肌への負担は少ないものの、水分が多いので、肝心 のクレンジング効果はいまひとつです。

ぬるま湯で流したあとの肌を見る と、メイクが少し残っていることも 考えられます。でも、ここでクレンジングをやり直したりしてはいけません。クレンジンクは、メイクを浮かせ て落としゃすくするためのもの。残 ったメイクは、このあと洗顔料で落 とせます。すべて落とそうとしてゴシゴシこすると、 肌の角質層がいたんで肌荒れ要因になります。シミやシワなど皮膚科でも美容治療がされているような肌の老化を早めることにつながります。