歯石の除去方法

スケーリングやルートプレーニングには、歯垢(プラーク)が付着しやすい因子を取り除き、患者が自分で歯垢を取り除きやすい環境をつくることが目的です。歯石は、歯垢が付着しやすい最大の因子といっても過言ではないでしょう。その証拠に、歯石を取り除いたことで歯肉の腫れがひき、歯周ポケットが浅くなることもあるそうです。 歯科医師の中には、スケーリングやルートプレーニングで歯周病の8割前後は治療できると考えている人もいるそうです。ここで注意してほしいのは、治療できるといっても歯垢をとればすべて終わりというわけではないということです。せっかく歯垢や歯石を取り除いても、患者が普段の歯みがきを真面目にしなければ、再び歯石は増えてしまいます。歯周病の再発を防ぐためには、日頃のケアが何よりも大事だといえるでしょう。 歯科医師の多くは、患者の努力がなければ歯科医師がどれだけ熱心に治療を行っても歯周病はよくならないと考えているそうです。この点で、歯周病の治療は難しいものだといえそうです。 歯科医院で歯石を除去してもらった患者に話を聞くと、歯ぐきが下がってすき間が広がり、前より食べ物が挟まりゃすくなった、歯がしみるようになったという人がいるようです。歯石を除去する前に歯周病の症状がなかったとしたら、歯石を除去したことによって症状が出てしまったと感じるかもしれません。しかし、歯ぐきが下がった理由は、すき間をふさいでいた歯石をとったことで歯ぐきの腫れが引いことであり、歯がしみるのは歯石をとった歯の根の部分が露出したからです。